カリビアンコムの歴史

インターネットの普及、そしてその進化に合わせて成長していっているカリビアンコムなのですが、その歴史を遡るとかなり驚かされます。

歴史と言いましても、あまり細かく書いても何の役にも立ちませんので、重要なところ、その先進性を中心に抽出していきたいと思います。

海外エロサイトのネット広告期:1996年9月~

[caribbeancom.com]ドメインの取得が1996年9月30日に行われており、その際に作られたサイトは手作り感満載の、海外ポルノサイトのバナーが張り付けられただけの広告サイトでした。

インターネットの世界では、1995年にOSであるWindows95がMicrosoftから発売され、それまで敷居の高いものであったパーソナルコンピューター、所謂パソコンが各家庭に普及しだした頃であり、パソコン・インターネットがオタクの趣味から大衆の文化に変化していく時代でもあります。
当時のホームページはCSSが規定される前のことなので、作るのがとってもめんどくさいものでした。
1996年にCSS1の規定が決まったのですが、対応するブラウザが少なくまだまだマイナーで普及は何年も先になります。

ネット環境も、ナローバンドと言われる電話回線を利用した低速の状態で、画像ひとつ使うにも気を使う時代です。動画なんてもってのほか、100MBのファイルをダウンロードするのでも数時間かかってしまう時代なので、当然ストリーミングなんてありません。

そんなインターネット黎明期である1996年にカリビアンコムはとりあえずの命を吹き込まれますが、まだまだ一般家庭へのネット普及率が低い時代なので、花開くことなく一度放置状態になってしまいます。
ネットの普及も進み、回線もADSLでの常時接続が一般的になってきた2001年に変化が訪れます。

裏DVD販売期 – 定額ダウンロードへの変遷:2001年4月~

以前の手作り感満載のサイトからちょっと良さげなデザインにリニューアルされ、「日本国内では手に入れることができない貴重なDVD」、つまり裏モノのDVDを海外から販売するサイトに変貌を遂げます。
この頃のカリビアンコムの所在地はイギリスですが、裏モノがOKなのはアメリカと同じです。
既にクレジット決済が行えるようになっていますし、和物も洋物も取り扱っています。

海外からのDVD販売と言うのは、今でも一緒なのですがちょっと問題があり、税関でチェックされて没収されることがあります。
基本的に無修正のポルノ映像というのは「輸入してはならない貨物(関税法)」になっているので、国外から持ち込むことが禁止されています。
なので、購入したのに届かないと言うことがあり、クレームになりやすい性質のものなのです。

現在でも海外で裏DVDを販売している業者はあるのですが、税関で没収されないようにパッケージ画像をセットせず、DVD自体にも印刷せずにブランクDVDを販売しているように見せかけるなどの工夫をしています。

そんな問題をはらんでいることも一因だと思いますが、ADSLなどのブロードバンド(今では普通のことなので聞かなくなりましたが)が普及しつつあることもあり、現在のシステムの元となる定額制のダウンロード配信に早々に切り替わっています。

海外無修正サイト業界No.1への軌跡:2004年~

AV女王・小林ひとみ

定額ダウンロードが始まった当時のAV女優ラインナップを見てみると、AV女優からテレビタレントになった「飯島愛」、テレビドラマやVシネマにも出演していた「白石ひとみ」など、S級女優の裏モノが沢山発見できます。
このあたりの女優さんは1990年代に活動していた方なので、作品は国内用に撮影された作品が海外に流出したものであり、今のカリビアンコムで配信されている様なオリジナル作品はありませんでした。

オリジナルではないとしても、レンタルビデオ屋にモザイクがずれているエロビデオがあれば、口コミで広まって常に貸し出し中になっていた時代、さらには、そんな噂が警察の耳に入れば摘発されて営業停止にもなっていた時代なので、裏モノへの喰いつきは段違い!
男ってそんなもんですよね。カリビアンコムで裏モノを見るためにパソコン買ってネットも繋げちゃう方が続出するのも分かります!

カリビアンコムを運営するDTIグループ以外でも、海外で無修正ポルノを配信するというビジネスを行うところが出現してきます。
一時はカリビアンコムを超えてNo.1サイトとなっていた今は無き「99bb.com」や、AV女優が撮影の過酷さに恐怖していた鬼畜輪姦サイトの「TOKYO-HOT(東京熱)」などです。

99bbは多くの現役AV女優に多くの報酬を払う代わりに、1年間の活動休止などの条件を付けてのし上がっていったサイトで、一部では女優の墓場と言われていたようです。
活動休止の条件を付けていたのは他のライバルサイトへの出演を抑制する為のようですが、期間限定でも他の作品に出演できないのは女優生命が終わってしまうため、髪型やメイクを変えて「デビュー前の映像発見!」という作品を撮ってつないでいたようですね。
99bbはオランダで運営されていて、動画配信だけではなくライブチャットも行っていたのですが、人気のAV女優をわざわざオランダに呼んでライブチャットに出演させていました。動画配信よりもライブチャットのほうが儲かっていたというのも頷ける話し。

カリビアンコムオリジナルムービー第一弾・Fカップメイド

カリビアンコムにオリジナル作品がちらほら混じりだすのが2004年なのですが、後発組だった99bbや東京熱は当初から有名なAV女優をも起用して、ハイクオリティーなオリジナル動画を中心に活動して急成長しました。
2004年くらいまでに運営を開始した企業群は海外ポルノ業界の中心として下地を作り、著作権管理などもしっかりと行っているところが多いのですが、2005年以降に荒稼ぎできるという話しを聞きつけて参入した業者は動画を盗用して運営している問題サイトばかりで、カリビアンコムなどのオリジナル作品を配信しているサイトは多大な損害を被りました。

このような問題サイトは、無修正が問題とならない海外に拠点を置くことなく日本国内で運営していた為、2006年以降、日本国内で逮捕される事案がしばしば見られるようになりました。
問題サイトは派手に動きすぎて自滅することが多く、また現役の有名AV女優を起用した作品などは皆無なので、初めて無修正サイトを利用するユーザーを集めても、最終的には安定して運営しているカリビアンコムにユーザーが移動してしまうため、大きな収益を上げることはできなかったようです。

カリビアンコムが実質的にNo.1サイトとなったのは、XVN(旧99bb)が内部のごたごたで無茶無茶になり閉鎖した2008年12月時点となります。
この時から2012年くらいまで、事実上のNo.1の称号も機能して売上はうなぎのぼりだったと考えられるのですが、その後、ネットの時代の移り変わりにより、変化を求められるようになりました。

無料サイトとスマホの時代:2013年~

無修正動画ダウンロードサイトが順調に成長していたのは2012年までだと思われるのは、2つの波が一気に来たことが原因だと考えています。

ひとつはTUBE系の無料視聴サイトの出現、もうひとつはスマートフォンの一般化によるネット環境の変化です。

XVIDEOSやxHamsterなどのエロ動画を無料で視聴できるサイトがオープンしたのは2012年なんかよりもずっと前になるのですが、日本人のエロ動画がアップされ、またそれが見れると世間一般に認識されだしたのがこの頃でした。
見たい動画があるのかは別として、有料で購入する動画に比べて画質が劣るとしても、無料で見れると言うのはかなり魅力的です。

さらに、iPhoneやAndroidが一気に普及したことにより、動画はパソコンで見るものというこれまでの概念が破壊されてしまいました。YouTUBEにしてもXVIDEOSにしても、スマホで気軽に観る時代になったのです。
もちろん、高画質の動画をダウンロードして保存したいユーザーもいらっしゃるのですが、圧倒的に多いライトユーザー層が「無料」と「スマホ」に移行していったのです。

カリビアンコムも当然のようにスマホに対応しストリーミングにも対応しましたが、「無料」というのはできない話し。スマホユーザー向けの低価格プランの提供も行いますが歯止めは効いていないでしょう。

上原亜衣の初裏動画・Debut Vol.20 〜現役人気No.1女優、上原亜衣解禁〜麻倉憂の初裏作品・女熱大陸 File.032

勝負できる強みとしては、有名女優を起用したオリジナルの無修正動画です。
2013年にはAV女優にしてアイドル的な人気を持っていた「麻倉憂」の初裏を発表、2014年には「大橋未久」の初裏を、2015年には一時期マスカッツにも所属していた「上原亜衣」の初裏を、2016年には元芸能人でスライム乳でお馴染みの「小向美奈子」の初裏を大々的に発表しています。

この年一回の大物AV女優の衝撃的な海外デビュー以外にも、多くのAV女優の初裏作品を発表して、無料サイトとの差別化を図り成功していました。

エロ動画ファンのカリビアンコムへの期待感はかなり上がっていたはずなのですが、水を差す事件が2017年に発生します。
この事件はカリビアンコムだけではなく、海外運営のポルノサイト全体に波及する大きな問題となりました。

海外運営ポルノサイトの関連会社社員逮捕:2017年~

ことの発端は2016年に発生しており、以下の逮捕事案が関係しています。

  • 大手AVプロダクション元社長ら逮捕 女性「出演強要された」 労働者派遣法違反容疑:2016年6月11日

このとき「公衆道徳上有害な業務」として扱われる本番行為を含むAVへの出演をさせたとして、「労働者派遣法違反」で逮捕されたのが大手AVプロダクション「マークスジャパン」の元社長なのですが、グループ会社である「ファイブプロモーション」とAVメーカーの「CA」及び「ピエロ」でした。

この逮捕事案が次の事件につながります。

  • 無修正サイトにわいせつ動画=容疑で映像会社社長ら逮捕-警視庁:2017年1月11日

日本国内のニュースメディアに初めて「カリビアンコム」という名前が載った瞬間なのですが、2016年6月に家宅捜索を受けていたAVメーカーの「ピエロ」が無修正動画を製作し、カリビアンコムで公開して運営までしていたので逮捕というニュースです。

「カリビアンコムが終了してしまう!」とネットで話題になったのですが、直接的に終了ということではありません。
このニュースの影響としては、日本にあるカリビアンコム向けの動画を製作している会社が動きにくくなったということです。

さらに逮捕は続きます。

  • 無修整AV、出演男女ら逮捕 知りながら撮影応じた疑い:2017年3月2日

無修正AVに知ってて出演したとして、わいせつ電磁的記録等送信頒布幇助容疑でプロダクション社長とマネージャー・AV女優・男優含め5人が逮捕されました。
これまでと違うのは、騙されて出演したわけではなく知っていて出演したとのことで、逮捕者が実名報道されたことです。
すでに引退していたのですが、元AV女優の「西川ゆい」さんが実名で報道されました。

実名報道された「西川ゆい」こと菊地彩花さん

関与が薄いとして起訴猶予処分で釈放されてはいるのですが、無修正動画に出演したら逮捕できるのでAV女優の本名を明かすというメッセージ性の強い逮捕です。
ほとんどの女優さんがこれにはビビってしまうでしょう。
しかも、今回の逮捕容疑は「わいせつ動画を無修整のままインターネットで配信すると知りながら撮影に応じた」ということなので、撮影が国内だろうが海外だろうが関係ありません。
「Hustler」などの本場ポルノに出演している日本人女性は全て逮捕できることになります。

さらに同時期、信じられない事案が発生します。

  • 無修正アダルト動画サイト「カリビアンコム」運営関与 容疑で米国人男を逮捕 警視庁:2017年3月9日

カリビアンコムで配信している動画を圧縮する作業を行っていたサープ容疑者を、来日したから逮捕した、という案件です。

サープ容疑者はアメリカにあるコンテンツ制作会社に所属していた日本国籍も持っている米国人。お仕事はアメリカ国内の事務所で行っていました。
日本国籍の有無が関係していたとしても、世界のポルノ業界から大バッシングが起きそうな事案です。
日本国籍が関係ないとしたら、欧米の無修正が合法の国でポルノに関係する仕事をしている方が来日したら逮捕されるってことですし、関係あるとしても、日本人は欧米のポルノ業界で働くことができないと言うことですね。

この逮捕が成り立つのであれば、アメリカの運営会社に乗り込んでしまえばいいのに、と思うのですが、それができないところを見ると、「カリビアンコム」の存続・運営自体は実は何の問題もないのではないかと思います。

ただそれでも、国内のプロダクションを締め上げ、AV女優も逮捕し実名報道することで、コンテンツの供給を制限されたのはカリビアンコムには大打撃です。
実際、2017年3月から新作の公開数が若干減り、新たに出演する女優さんは少なくなり、質は少々落ちています。

このサープ氏の裁判の結果によっては、日本国と世界のポルノ業界との間に大きな壁ができてしまうのですが、それでもエッチなことに興味がある男子としては、カリビアンコムは存在しておいてほしいと、そう願うばかりです。

歴史 まとめ

現在のカリビアンコムのメインサービスである定額制の動画ダウンロードサービスの体が整ったのは2001年4月なのですが、ドメインを取得してアダルトなインターネット事業を始めたのは1996年9月です。
ネット界の怪物であるYahoo! JAPANのサービスが始まったのが1996年4月であることを考えると、カリビアンコムの歴史の長さとすごさが分かります。

海外企業であるとはいえ、日本ではわいせつ物と言われてしまう無修正の動画を配信しているので、日本の警察から目の敵にされてしまうのも仕方のないことかもしれませんが、アメリカではあくまでも合法な一企業であり、サイトを利用するユーザーに迷惑をかけることもありません。
今後、カリビアンコムがどのような対策を行い、この逆風を跳ね返すのか楽しみです。

ちなみに、上記の逮捕案件はあくまでも「わいせつ物の配信に関与している」と言う運営サイドの問題です。
ダウンロードして個人的に視聴して楽しむ分には法的に何の問題もなく、カリビアンコムを利用しているというだけでユーザーさんが逮捕されることはありませんので安心してくださいね!

公式サイトはこちら!